父 頭 臭い

2020年4月21日

 

主婦対象の臭い体験談

うちのお父さんはなにもかも臭いんですが、頭は別格の臭さを誇っています。いうならば、頭の臭さはボスです。本当に臭くて、誰もが頭を嗅いだら失神してしまいます。私はお父さんの頭を触った事も、嗅いだ事もありません。お父さんの頭が近くにあった事はあります。それだけで臭かったので、まさか頭の臭いを嗅ごうとはまったく思いません。絶対に倒れてしまいます。

お父さんの頭が近くにあった時は、車の中でした。お父さんが運転席に座り、私はその後ろの後部座席に座りました。すると、運転席の座席からお父さんの髪の毛や頭が少し見えます。お父さんは急ブレーキをかけながら信号で停まる事があるので、私は「おっと。」と少し前屈みになる時があります。そのときに、お父さんの髪の毛が私の鼻の近くに近づいた事があります。なにも準備してない状態で前屈みになってしまったため、息を止めるのを忘れていました。お父さんの頭の臭いを嗅いでしまったんです。そしたら、頭からぷわ~んと、臭いのが漂ってきました。それには、娘の私でさえ顔をすぐ反らすような臭さでした。もう表現ができません。汗と皮脂の香りがしました。そして、頭特有の臭いがしました。

その頃は、お父さんの髪の毛がまだフサフサに生えている時でした。しかし、今はお父さんの髪の毛が少なくなっています。そのため、お父さんはそれを隠すように、帽子を被ります。

なぜか出掛ける時だけじゃなく、家にいても帽子を被っています。ご飯を食べる時もです。そのせいか、お父さんの髪の毛の臭いはさらに強烈になっていると思います。嗅いだ事はないけど、絶対に嗅がない方がいいです。嗅いだら失神します。
家族にとっては臭いの公害です。